• Izumi Tsuchiya

コオニユリ

最終更新: 2018年8月17日

今日は一人薬草散策。


今日の一番の目的は、コオニユリ。珍しい植物ではないけれど、写真が撮りたく、野生のコオニユリに会いに行きました。


コオニユリは、この時期、山地や草原などいたるところで見かけます。


コオニユリには白い鱗茎(球根)があり、これが実は「ユリ根」です。

ユリ科は花弁3枚、萼3枚の花被がカップ状になっているけれど、コオニユリは花被が反り返り、おしべやめしべがむき出し。


花被の柄といい、強い表現がそこに見られます。


アゲハ蝶にわかりやすいオレンジ色。そして、花粉がしっかりくっつくよう花は斜め下を向いています。


ユリ科の花被のカップ状は、受容性・女性性の象徴と言われますが、コオニユリは花被やおしべの主張が強く、男性性が強くなっている女性像のように見えますね。ちょっと、毒でも吐きそうな(笑)


☆タイガーリリー(オニユリ)のメッセージ(FESアファームカードより)

すべての人のために わたしは自分自身の強さを使います 人に奉仕するためにイニシアチブをとります わたしは世界の進化のために働きます


#植物観察 #コオニユリ #八幡湿原 #FES #オニユリ

2回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon